デイトナという時計の生い立ち | TOKIO-WATCH
デイトナイメージ写真

デイトナ誕生と歴史について

ロレックスのデイトナ誕生と歴史についてわかりやすく解説していきます。

宇宙に行くための、ロレックス唯一のクロノグラフモデル。
モデル名が誕生したのは1959年。24時間耐久のカーレースで有名なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイから付けられたと言われていますが、命名の理由は明らかではありません。1961年にコスモグラフ・デイトナとして発売。その名が示すとおり、アポロ計画におけるNASA公認腕時計の座を狙って作られましたが、最終的にオメガのスピードマスターに敗れました。
ベゼルに直接タキメータを刻むスタイルはカーレースの初速性能や工場での生産数を計りやすいという特徴を持ち、従来のクロノグラフと比較して視認性が飛躍的に高く評価されました。
1960年代後半にムーブメントCal.727を搭載したRef.6262が登場します。このモデルはリューズがノンスクリューで文字盤にオイスターの記載がなく、生活防水の30mと日常使いには物足りない防水性能でした。

OYSTER、実用性の獲得。
1970年代に入り、今でも非常に人気の高いRef.6265が登場しました。プッシュボタンにねじ込み式のスクリューダウンが採用され、50m防水を実現したことにより文字盤に初めてOYSTERの文字が記載され、より実用性の高いモデルとなったのです。中には非常に珍しい「エキゾチック・ダイヤル」と呼ばれるベゼルを搭載したモデルも存在し、これらは「ポール・ニューマンモデル」と言われ、スモールセコンドの表示が通常の「20 40 60」ではなく、「15 30 45 60」と記載されています。非常に人気が高く、1000万円前後という高価格で取引されています。
1988年からはゼニスとモバードが共同開発した「エル・プリメロ」を大幅に改造したCal.4030が搭載されて自動巻きへと移行したRef.16520が登場します。非常に優秀なムーブメントに加えて、風防がサファイヤクリスタルになり、トリプロックリューズなどを採用して防水性が従来の2倍の100mとなりました。

ロレックス随一の人気モデルへ
2000年に自社製自動巻キャリバーCal.4130を採用したRef.116520に移行し、現行モデル全ての製品がクロノメーター検定を受けています。ハック機能が追加されパワーリザーブ機能も大幅に向上しました。見た目も高級感が増し、ゴールドとのコンビモデルや金無垢モデル、ダイアモンドをちりばめたモデルなど種類も豊富で今やロレックスの中でも一番人気と呼べるモデルとなりました。

更新情報・お知らせ

デイトナのお得情報やニューモデルに関する情報をいち早くお届けします!随時更新しています!


時計オークションタイムピークスバナー

その他