ロレックス 6241 コスモグラフ デイトナ ポールニューマン 1961年モデル | TOKIO-WATCH
デイトナイメージ写真

ロレックスデイトナポールニューマンref6241

ロレックスデイトナのアンティークモデルの最貴重品モデルがポールニューマンモデルです。ポールニューマンモデルは年式や素材デザインで価値が倍近く別れる事もあります。
その希少なロレックスモデルのポールニューマンモデルな中でも、金無垢素材で製造されているデイトナアンティークref.6241は、1000万円近い価格帯で中古時計市場で取引されている大変高価な腕時計モデルに該当します。

時計マニアなら、一度を所有を夢見る時計といえるでしょう。ただし、なかなかこのポール・ニューマンRef6241は一般サラリーマンに手の届くデイトナではありません。
しかし、過去の値段の上がり方をみると、今後も絶対的に人気のブランドであるロレックスの、希少な手巻きデイトナでなおかつ個性的なポールニューマンRef.6241は今後もじわじわと価値を上げていくのではないでしょうか。 イメージとしては、ピカソの絵画のように、少しづつ圧倒的なブランドになっていく、昔買える値段だったら買うべきであった美術品という扱いです。
まさに、資産とも呼べる時計です。

ちなみに一般的にはアンティークの時計は販売価格が高くても、それを売りにだしたときのいわゆる買取り価格はそう高くはありません。通常30万円程度で販売されているアンティーク時計は買取り価格は10万円もいかないそうです。

ところが、このデイトナポール・ニューマンは普通ではありません。推定される、このデイトナポールニューマンモデルを売却した時の中古時計の買取相場の予想価格は400万円から780万円!
恐ろしい金額で取引されている腕時計という事が言えると思います!

しかし、なんで買取店によって、倍近い買い取り価格差が生じているのか???
こういったアンティークモデルの腕時計は、時計買取店側の販売力が凄く価値を左右するという事実に目を向けるべきです!
アンティークのロレックスデイトナモデルは、非常に高い値段で取引されていますが、中古時計市場では早々売り買い可能な商品ではないため、時計買取店側もある程度の在庫リスクを加味した買取り査定額を言ってくるのです!!

daytona paulnewman Ref6241
その買い取り評価の差が、上記の買い取る査定額が倍近く違う!!  なんて、いう事になってくるのです。 こういった優良な時計買取店を見つけるのに、使える買取サービスがロレックスデイトナ買取りのカイトリマンURURのような一括査定サービスです。 共に、買取りオークションの草分け的存在として有名な会社で複数のデイトナ買取店から一括して高額査定を受ける事が可能で、最高金額でデイトナの腕時計を売れるというサービスです。

これらのサービスも利用しつつ、自分でも足を使っていくつかお店を回ることで、満足のいく価格でデイトナを買取りしてもらうことができるでしょう。

とはいえまずは売る前に以下にして手に入れるか、そのためにもっと仕事を頑張るしかないですかね? 楽して儲かる仕事、みなさん考えていると思いますが、私にも教えてもらいたいものです。

更新情報・お知らせ

デイトナのお得情報やニューモデルに関する情報をいち早くお届けします!随時更新しています!


時計オークションタイムピークスバナー

その他